いつもカメラと。

写真のこととかその他諸々雑記

ライカM3グッタペルカ張り替えの儀

前回の記事で少し触れておりましたが、手に入れたライカM3のグッタペルカの状態が悪く、今回思い切って張替えを行うことにいたしました。

 

f:id:takashoooo:20170721172813j:plain

これが購入してすぐの写真。フレームセレクターレバーの脇とか、よく見ると補修後だらけです。

 

まぁ記事にも書いた通り、50年以上前のカメラに対し、傷もなく経年劣化もない状態であることを期待するような性格でもないので、「こんなもんでしょ」と使っていこうかと思っていたんですが、

使用して1,2週間のうちに剥がれがひどくなってきたり、ぺこぺこ浮いてきてるとことを発見したり、知らないうちに手が黒くなってたりしてちょっと直さなあかんなと。

 f:id:takashoooo:20170721175130j:image

 

 

ただ、グッタペルカの修理ってそうそう簡単なものじゃなくて、これそもそも革ではなく樹脂なんですよね。

 

なので欠けたものを拾い集めて熱して貼りなおしたり、ほかのカメラから剥いだものを適当な大きさにカットして貼りなおしたりしなきゃいけない。

もともと欠けた部分も多かったので、個人で補修するのは難しい状態でした。

 

全国にはいくつか補修を手掛ける業者さんもいるようですが、そもそもグッタペルカの補修のみを受けることは少なかったり、値段はべらぼーに高かったり、結局合皮に張り替えてる所だったりで、なんとなく踏ん切りがつきませんでした。

(情報をくれたせいじゅさん、本当にありがとうございました。)

 

 

そんなこんなで、「もうこの際合皮で仕上げてくれるとこに任せようかな」と思っていたところ、M3はじめ、オリジナルのカメラの張り革を販売しているAki-Asahiさんというお店を発見。

 

色やシボの感じ、素材も豊富に用意してあり、興味をそそられました。

見ると、自分の好きな深い緑(モスグリーンとかオリーブグリーン)も用意しているっぽい。(見本写真の中に発見した)ので、さっそく注文。

 

しようとしたところ、どうやらオリーブグリーンの取り扱いは終わってしまっているとのこと。

 

 

ももう自分のライカを緑に染めることしか考えられず、一度走り出した想いはもう変えることが出来ません。

 

「この際、その革自分で染めてやるわ」

 

ということで

f:id:takashoooo:20170721175031j:image

これを購入。

 

この染めQ、色んな素材に対して使える優れもので、塗るではなく染める為、色落ちの心配が比較的少ないみたい。今回の試みにピッタリ、だと思う。というか多分ほかに選択肢がない。

 

 

ちなみに革はAki-Asahiオリジナルのパターンに近い#4008を選択、色は黒としました。

 

 

早速作業開始。

f:id:takashoooo:20170721175552j:plain

まずベースコートで白く染める作業。本チャンの色でもそうですが、薄く3~4回に分けてスプレーするのがコツのようです。

 

家の中でやろうとしたら妻に怒られました。当たり前か。

 

 

f:id:takashoooo:20170721175809j:plain

乾燥する時間を利用してグッタペルカを剥いでいきます。

マイナスドライバーで削ると簡単にポロポロ取れます。楽勝。

 

 

f:id:takashoooo:20170721180003j:plain

と思いきや裏が全然取れない。

剥がし液みたいなものをホームセンターか何かで買ってきたほうが良かったかも。

 

f:id:takashoooo:20170721180152j:plain

f:id:takashoooo:20170721180255j:plain

 

染め作業も並行して行いつつ剥がし作業すること2時間、ようやく全てのグッタペルカを剥がし終えました。

今回私はアルコールとマイナスドライバーで乗り切りました。

 

f:id:takashoooo:20170721180431j:plain

ちなみに染め作業はこんな感じ。モスグリーンへ染める際、色むらが出てしまい、多分5回くらいスプレーして乾燥しての繰り返しをしていた。

ベースコートと合わせると8回ほどに分けて染色。地味に時間がかかる。

 

 

f:id:takashoooo:20170721180714j:plain

べたつく糊を除去したのち、早速裏蓋部分をぺたり。

悪くないかも。

 

f:id:takashoooo:20170721180921j:plain

正面はフレームセレクター部分から慎重に革を当てがって、その次にセルフタイマーを下げた状態で状態で入れていきます。

ここの作業が一番大変。失敗したらおじゃんですから。

 

f:id:takashoooo:20170721181207j:plain

なんとか貼り終わった。

 

 

 

近くで見ると「ん?」という箇所もありますが、まぁ気にしないことにします。

 

 

 

f:id:takashoooo:20170721181346j:plain

レンズも装着してみました。

 

f:id:takashoooo:20170721181414j:plain

 

軍用ライカっぽくなるかなと思っていましたが、クロームとの組み合わせがちょっとシックな感じ。これはこれで良いかも。

 

 

とまぁこんな感じです。グッタペルカの補修はフィルムライカユーザーなら頭を悩ませている方も多いんじゃないかと思い、ブログに簡単にまとめてみました。参考になれば幸いです。

みなさんも自分だけのオリジナルカメラ、作りませんか。

 

 

 

 

f:id:takashoooo:20170721182331j:plain

Leica M3をその手に

f:id:takashoooo:20170703042110j:image

 

ブレッソンに憧れた大学生がこの歳でついにM3を手に入れました。。

感慨深い。

 

 

いつかは欲しい欲しいと思いながらなかなか踏ん切りがつかずにいましたがついに決断。

 

シリアルは91万台のDS。多分SSとDSギリギリ境目の 個体っぽい。

購入するならダブルストロークと決めていたので、丁度良い物に出会えて良かった。

 

f:id:takashoooo:20170703042439j:image

精悍な面構え。最高です。

 

ところどころグッタペルカの補修跡がありますけど、外観そこまで気にしないので。

 

ファインダーの見え具合もまぁまぁ。十分見易いかな。

各SSも粘りなどなく問題なし。

 

 

早速手元に届いてすぐ撮影!と行きたかったのですか丁度体調を崩してしまい昨日M3を携え撮影してきました。

 

なお、レンズは全てsummicron50mmf2 1stです。

 

 

f:id:takashoooo:20170703042629j:image

早朝の空。生憎の空模様でしたが手中の宝物のお陰でテンションは最高。

 

 

f:id:takashoooo:20170703042857j:image

露出計なんて持ってないっす。

そこそこフィルムで撮ってきた経験で勝負。

とはいえいずれメーターは買おうかなぁとは思ってます。見た目かっちょいいし。

 

純正かフォクトレンダーか、それが問題だ。

 

 

f:id:takashoooo:20170703043136j:image

f:id:takashoooo:20170703043153j:image

雨上がりの空気感。

ズミクロンは良く写る。流石空気レンズ。

 

 

f:id:takashoooo:20170703043339j:image

しぶとく残る紫陽花。

こっちも濡れた葉の質感が良く伝わる。

 

f:id:takashoooo:20170703043451j:image

誰もいない早朝の公園だから花ばっかり。後日もっと色々撮ります。

 

f:id:takashoooo:20170703043644j:image

SMOKY着けて接写。

若干ピント外してるけど、RFだしあんま気にしてない。ジャスピンで撮るなら一眼レフ使う。

ある意味フォーカスという制約から解放されて自由に撮影してるとも言える。

 

 

使用感的にはやっぱり噂通りとても良い。

何がいいかと言われるとまぁやっぱり巻き上げ時のスルッとした感触。

あとコトリと落ちるシャッター。

 

M型のフィルムカメラはベッサR2Mを今迄使ってたけど上記の2点は雲泥の差。

巻き上げに使う力も全然違う(気がする)し、ベッサのメカニカルシャッターはジャキッ!となかなか煩いので、布幕の静音性は新鮮だったし、好印象を持った。

 

あと、フィルム巻き戻しノブを巻いてる時、離してもドゥルルルってならない。これ分かる人いるかな、いるよね。

ベッサとかローライ35とかだと指から抜けてドゥルルルってなるじゃないですか。地味に「この野郎」ってなるよね。

 

 

でもベッサもベッサで好き。だって軽いし。

ブライトフレームも沢山あるし、使い易いし、軽いし。

ついこの間まで唯一現行で買えたRF。やっぱり特別な思いがあってコシナさんも作ってたろうし。そういうメーカーさんのお陰で、我々みたいな捻くれてフィルムを使う人間は凄く助かってます。

ノクトンもカラスコもヘリアーもめっちゃ良いレンズです。いつもありがとうございます。

 

 

超脱線しましたが、first impressionはこんな感じ。

 

ライカの王様を手にしている高揚感で、何気ない景色も何か違ったものに見えてくるようでした。

 

写真って本当に楽しいね。

 

まもなく

6月に入りました。

 

もうすぐ梅雨入りですかね。

 

紫陽花もぼちぼち咲いてきたので、散歩がてら撮ってきました。

 

f:id:takashoooo:20170607141042j:image

f:id:takashoooo:20170607141108j:image

EOS-3 EF135mm f2 L USM

 

 

今年の梅雨は雨を活かした撮影を出来ればいいなぁと考えてます。

 

ストロボちゃんと使えるようになるぞ。

 

 

 

秋川渓谷、七代の滝

f:id:takashoooo:20170530135750j:image

 

先週末撮影。

山道をかなり長い距離歩いたのでかなりの疲労感。

機材は最小限のつもりでしたがカメラバッグが重過ぎて何度か心折れました。

 

 

f:id:takashoooo:20170530135828j:image

 

f:id:takashoooo:20170530140119j:image

 

滝よりも途中途中で撮った沢の方が個人的には好き。あんなしんどい思いして登ったのに。。

 

f:id:takashoooo:20170530140225j:image

f:id:takashoooo:20170530140239j:image

f:id:takashoooo:20170530140331j:image

 

ただ緑は素晴らしかった。

東京にもこんなところ、あります。

 

 

f:id:takashoooo:20170530140537j:image

友人撮影の1枚。どんどん上手くなってる感ある。

just a man in love

雨の音を聴きながら午前四時。全く眠れないので暇潰しにブログ更新します。

 

 

f:id:takashoooo:20170525040135j:image

Leica M9

Summicron 50mm f2 1st

 

ここのところ、毎週末は必ずと言っていいほど撮影に出掛けております。

楽しい。

so happy.

 

f:id:takashoooo:20170525040342j:image

f:id:takashoooo:20170525040413j:image

f:id:takashoooo:20170525040545j:image

 

星も花も風景も好きですが、今一番撮りたいのは「人」ですね。

 

ガチガチのポートレートというより、

風景の中に人を配置したような写真が好き。

f:id:takashoooo:20170525041109j:image

EOS 6D

EF135mm f2 L USM

 

 

 

まぁ正直に言うと所謂ちゃんとしたポートレートが撮れない(撮ったことない)っていうのもあります。

 

この辺は長年独学で、一人で写真を撮ってきたことの弊害というか、行動力のなさ由縁のアレです。

 

 

最近は身近に写真をやる友達増えたし、撮って撮られてで勉強しつつ、

撮影会?みたいなものにも勇気を出して行ってみようかなとか画策してます。

 

 しゃあない、写真一緒に撮り行ってもええで。っていう奇特な方いらっしゃいましたら是非声かけて下さい。

飛び上がって喜びます。

 

喜ぶだけでビビって行かないかも。

 

 

出せよ勇気を。

 

悲しい気持ち。

 

 

f:id:takashoooo:20170525042624j:image

最後に友人撮影の1枚。

短パン履いたから足蚊に刺されまくってめっちゃ痒い。

 

 

仲間になりたそうにこちらを見ている

f:id:takashoooo:20170516140030j:image

bessa-r2m

noktonclassic35mm f1.4

super x-tra400

 

 

前回の更新から相当日が空いてしまった当ブログ。気負わず更新できるときに更新します。

 

f:id:takashoooo:20170516140609j:image

f:id:takashoooo:20170516140656j:image

最近友人達がカメラにハマり始めた為、これからはポートレートなんかもガシガシ撮りたいなぁと思ってます。

 

f:id:takashoooo:20170516141155j:image

星撮りも。

大変ご無沙汰しております。

前回の更新が2月・・・

 

だいぶ間が空いてしまいましたが久しぶりのブログ更新です。

 

まず言い訳をさせてください。

 

実は転職をいたしまして、その活動やらなんやらで写真もあまり撮りに行けず、ブログの更新が遠のいてしまいました。

大変申し訳ございません。

 

では早速今回のお題を。お題というかまた買い足したレンズを。

 

今回のニューカマーは

 

summicron  50mm F2 L 1st

 

シリアルは131万台、どうやら1955年製造のものみたいですね。

還暦過ぎてます、おじいちゃんです。

 

 

ライカM9を手に入れたのは前回のブログで紹介した通りですが

実は私、ノンライツレンズしか持っておりません。

 

だって高いんだもん。

 

こんな写真界隈の片隅にあるブログを読んでくれる有り難い、そして物好きな読者の皆様ならお分かりと思いますが、ライカのレンズは相当に高い。

 

ズミクロン?ズマリット?う~ん・・・。

ズミルックス?絶対に無理。

 

それで僕個人の意見を言わせてもらうと、高けりゃいいってもんじゃない。

 

コシナフォクトレンダーもよく写るし、ものによっては味も出る。

ロシアレンズなんてのもそうだ。ジュピターなんてほわほわのゴーストの中に芯がある。

MS-OPTICAL?宮崎光学SONNNETAR?最高ですよ。

 

まぁ言ってしまえばライカのレンズでは無くてもいい写真は撮れる!って鼻息荒くしてたんですよね。

 

いやでも待てよと。

 

果たしてそれでいいのか?

使ってもいないのにそう結論付けてしまうことは悪ではないのかと。

 

じゃあ何を手に入れる?現行は駄目だ、高いし何より写りすぎる。俺が求めているのはそこじゃない。よく写る写真なら一眼レフで撮るわ。

 

やっぱり定番のエルマー?確かに魅力的だがF値がなぁ。馬鹿、RF機なんて絞り込んで撮るものだと何度言ったら・・・!

 

脳内で侃々諤々の議論が交わされて漸く決まったのがズミクロン50mmでした。

 

初代の沈胴式、いわゆる沈ズミですね。

 

理由は二つ、ミーハーだから「ズミクロン」と名の付くものが欲しかった。

もう一つ、沈胴式のギミックと、その見た目。

 

以前の仕事で沈胴ズミクロンを買いとった時に

「なんじゃこら、まるで宝石じゃ」

と唸ったことが忘れられなかったんですよね。

 

本格的な実写はこれからなんで、また実写のレビューは改めて。

 

f:id:takashoooo:20160628165138j:plain

 

f:id:takashoooo:20160628165323j:plain

 

f:id:takashoooo:20160628165457j:plain

 

 

 

 

あ、そういえばEF135mm F2Lも買いました。